★掲載記事中のタバコの価格について
2019/10/15:表記はこんな感じでぼちぼち書き換え始めてます。
2019/10/01以降:600円(120円/5g)
2019/09/30まで: 580円(116円/5g)
2018/09/30まで: 550円(110円/5g)


ハマる人はドンピシャでハマる! ~ チェ・ブルー ~

2019-10-15 21:08チェ, 手巻きタバコ

チェ・ブルー(CHE BLUE)
チェ・ブルー(CHE BLUE)

マックバレンについで2個目のハーフスワレです。

いつぞやシャグと紙巻をまとめ買いしたときにいただいたサンプルがありまして、コレを吸ってみたところかなり良かったので購入してみました。

のうがき

チェ・ブルー:付属ペーパー(Rebel)

付属ペーパーはパウチに接着済みの「Rebel」。
カット無し、50枚入り、付属ペーパーの中では珍しく燃焼剤なしの薄紙タイプです。

ペーパーの良し悪しは「たばこ以外の雑味を極力排除する」という観点から、一般に燃焼剤の無い紙厚の薄いものが良いとされていて、シャグのレビューでもしばしば「コレだけ販売してはくれないのだろうか?」と書かれるほど評価の高いペーパーです。

チェ・ブルー:付属ペーパーの裏蓋

表の「Rebel」は日本語で「反乱」。
裏に書かれた「EL SABOR DE LA LIBERTAD !」は「自由の味!」。
どちらもパッケージに描かれた、革命家チェ・ゲバラにちなんでいます。

価格は他のチェと同じく25g、600円(120円/5g) 580円(116円/5g) 550円(110円/5g)

パウチに記載はありませんが、英語版 Wikipedia によると「Produced by:Landewyck Tobacco」、「Country:Luxembourg」との記載があります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Che_(cigarette)

※「Landewyck Tobacco」のページを確認したところ、製品ラインナップに紙巻のチェはあるが手巻きの方は載っていない。

紙巻きタバコ
http://www.landewyck.com/jp/brands/#subnav

手巻きタバコ
http://www.landewyck.com/jp/fine-cut-brands/#subnav

2019/07/25:現在ではたばこ取り扱い業者のみ閲覧可能なもよう。

 
たまに黒タバコという記載を見かけますが、販売元の製品ページには「ファイアキュアード原料を主体とした」とあるのでハーフスワレで間違いないと思います。

秋山産業株式会社 / チェ・シャグ・ブルー
http://tobacco.akiyamasangyo.jp/eccube/products/detail.php?product_id=733

 

開封

チェ・ブルー:シャグの状態

ダークブラウンを基本に明るめの茶色がちらほら。
カットは細切りの絡み系で、加湿された状態です。

そして香りの方は、いわゆるカツオブシ臭。
人によってはコレだけでもうダメ、というケースも・・・。

とりあえず、巻ーいて巻いて・・・。

チェ・ブルー:巻き上がり

久々の薄いペーパーなので、ちょっと不恰好なのはご愛嬌。

とりあえず (* ̄凸 ̄)y=~~~~~~ スパァ…

 

チェ・ブルーは・・・

基本的には重くて吸い応えがありますが、全体的にマックバレン・ハーフスワレに比べ軽く吸いやすいです。

甘みに関してはマックバレンの方が強い・・・か、もしかしたらチェの酸味が強いので相対的に甘味を弱く感じるのかもしれません。

ハーフスワレは、黒タバコ同様に重い喫味と癖のある香りで人を選ぶ傾向にありますが、ハマる人は「ドンピシャでハマる!」、そんな魔力を持ったタバコです。

ちなみに、自分の好みだけで言えばマックバレンの方が好きですが、もしハーフスワレ初めての方なら量、価格、吸いやすさ、そしてポピュラーな「チェ・シリーズ」という事でコッチをオススメです。


ブログランキング参加中! マックバレンノ後、フレーバー三ツ挟ンデハーフスワレニ戻ッテキタノカ… ( ̄凸 ̄)