★掲載記事中のタバコの価格について
2018/10/01 以前に購入したものについては、改定前の価格に取り消し線を入れ、改定後の価格を太字にて併記しています。


折りたたみペダル交換記(インプレッション編) ~ ブリヂストン シルヴァ F6F ~

パーツ, 折りたたみ自転車

シルヴァF6F:折りたたんだ状態(ペダル交換後)
シルヴァF6F:折りたたんだ状態(ペダル交換後)

インプレッション編・・・と、言いつつも何かが劇的に変わったというわけではないので、気がついたこととかをぽつぽつ書いてみたいと思います。

交換前・交換後:数値上の変更点

折りたたみペダルとノーマルペダルの比較写真
折りたたみペダルとノーマルペダルの比較写真

交換前、交換後で数値的に変わるところといえば「重量」と「サイズ」ですが、重量はともかくサイズについてはペダル単体と車体全体で分けて考える必要があります。

まずは重量から見ていきましょう。

重量

折りたたみペダルの重さ(421g)
ノーマルペダルの重さ(277g)

折りたたみペダルのスペック、商品説明では「重量:約450g(1個:約225g) 」でしたが、実際の計測値はグリス追加後の値で2個:約421g。
ノーマルペダル2個の実測値が約277gなので+144gといったところでしょうか。

次にペダル単体のサイズです。

ペダルサイズ

折りたたみペダルのサイズ(折りたたみ時)
折りたたみペダルのサイズ(折りたたみ時)

折りたたみペダルのサイズ(展開時)
ノーマルペダルのサイズ(展開時)

同じく、こちらの商品説明は「長さ12.5cm×幅7cm×厚さ3cm 」でしたが実際に計ってみたところ長さ12.2cm、幅6.8cm、厚さ2.8cm。
・・・・・ただしここで言う「長さ」はネジ部分も含んだ全長の値となります。
実際にクランクから飛び出す分はペダル展開時:約10.8cm、折りたたみ時:約5.0cmでした。

シルヴァF6F:左右のペダルを展開した状態
シルヴァF6F:左右のペダルを折りたたんだ状態

そしてノーマルペダルのそれは約9.8cmなのでだいたい展開時左右合計:+2.0cm、折りたたみ時:左右合計:-9.6cmとなります。

最後に車体全体で見たサイズ。

車体サイズ

シルヴァF6F:折りたたんだ状態のフロントビュー(折りたたみペダル交換後)
シルヴァF6F:折りたたんだ状態のフロントビュー(折りたたみペダル交換後)

シルヴァF6F は折りたたむと右ペダルが前後タイヤの間に挟まる形となりますので、この状態では左ペダル分の-4.8cmのみ影響が出ることになります。

そしてこれをメーカー公称値にあてはめると「幅:835mm 高さ:725mm 奥行:440mm→392mm」。

シルヴァF6F 折りたたみ状態 | 株式会社ブリヂストン
https://www.bscycle.co.jp/items/bicycle/greenlabel/cylva/modal/point08.html

参考までに、昨年輪行バッグ買いましたで作った表に当てはめるとこうなります。

奥行 高さ
ちび輪バッグ[PW] 850mm 350mm 650mm
M(16~20型) 800mm 360mm 540mm
L(26型以下) 980mm 360mm 750mm
F6F:ペダル交換後 835mm 392mm 725mm
F6F 835mm 440mm 725mm
F8F 830mm 425mm 720mm
DAHON Horize 850mm 390mm 680mm
DAHON Horize 2019 850mm 430mm 680mm
※F6F/F8Fと同じホリゾンタルフレームの20インチフォールディングバイクということでDAHON Horizeも載せてあります。

うーん、これでもMサイズやちび輪バッグは厳しいかなあ・・・。

走行時の印象

シルヴァF6F:折りたたみペダル交換後の試走

  • 重量面:

    特に違いは感じません。
    まあレースをするわけではないですからね、たかだか+144gの違いを実感できるような場面はそうそうありはしませんわな。

  • 形状・サイズ:

    これについても同様で、特に漕ぎにくいということもなく、またサイズ的にも左右あわせて2.0cm ほど幅広にはなりましたが、それが気になる事も特にありませんでした。
    むしろ、靴底との相性がいいからか、スベリに対してはノーマルペダルより安心感があると思いました。

    この安心感の元はなんなのかというと、自分は樹脂部分にもうけられたギザギザに加え金属部分にある突起状(?)もののおかげと推測しています。

    折りたたみペダルのクローズアップ

    「単に見かけを良くするためのもの」と思ってましたが、実際に漕いでみて「あー、なるほど」と。
    どうやらこの部分、外側の樹脂パーツにだけ体重がかからないようにするためのものだったようで・・・。

    仕上げにやや雑な部分があるので、そいういう意味では値段なりだと思うのですが、だからといって何も考えずただ「作りました」というだけの製品ではなかったのは意外・・・というと失礼ですが、ちょっと感動しました。

  • その他:

    取り付け前にやや不満のあった軸回転のゴリゴリ感も足で回す分には特に気になりません。
    また、見た目も黒+反射板だったノーマルに比べ、金属部分の光沢がワンポイントになってなかなかに良いのではないかと思っています。

輪行時の印象

輪行バッグと折りたたみペダル

  • 重量面:

    輪行バッグに収納する際、そして実際に担いで移動する際、どちらも走行時同様ネガティブな変化は感じません。
    まあ+144gですからねw

  • 形状・サイズ面:

    これも特に変わったという実感は無しです。
    ただノーマルペダルの時は、左ペダルの出っ張りがジャマで通路を通れなかったり、派手にぶつけたりということは無いにもかかわらず、なんとなく意識せざるを得ないようなもやもやした感覚があったのですが、交換後はそれが無くなったような気がします。

  • その他:

    手順的にはペダルの折りたたみ、引き出しという作業が増えましたが、流れの中でパタン、パタン・・・という感じでできるので特に手間が増えたという印象はありません。

最後に・・・

折りたたみ時の車体サイズは交換前と比べ-4.8cm
となった今回のペダル交換。

車載時・輪行時、これによる大きな恩恵があったのか?というと、ぶっちゃけて言ってしまえば当初思い描いていたほども無く「良くなってはいる・・・と思う」くらいの実感にとどまりました。

しかしながら、+144gのデメリットは特に感じられないうえ、ノーマルペダルより安心して足を乗せていられるという想定外のメリットもあり、これに価格面も合わせて考えれば十分満足できる結果になったと思います。


ブログランキング参加中! パーツ交換ナンテノハ…マ、案ズルヨリ生ムガ易シ。
トリアエズ自分デデキソウナトコカラ、ヤテミソ。   ( ̄凸 ̄)y=~~~