★掲載記事中のタバコの価格について
2019/10/15:表記はこんな感じでぼちぼち書き換え始めてます。
2019/10/01以降:600円(120円/5g)
2019/09/30まで: 580円(116円/5g)
2018/09/30まで: 550円(110円/5g)


おおむねEU製ですっ☆ ~ ゴールデン・バージニア☆ですっ☆ ~

2019-05-26 17:32ゴールデン・バージニア, 手巻きタバコ

ゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA)
ゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA)

「オイオイ、いきなり何トチ狂ったタイトル付けてんだ?」・・・・・と思われた方、申し訳なし。
先に「おまけ:ちぃたん☆について・・・」をお読みいただけると助かります。

それはともかく、今回は非着香系手巻きタバコ3大ド定番(※1)のひとつ、ゴールデンブレン・・・じゃなかったゴールデン・バージニア。

それでは、さっそく参りましょうか!

※1:チェ・レッド、ドラム・オリジナル、ゴールデン・バージニア。←独断と偏見ゆえ、異論を認むるにやぶさかではございませぬ。 <(_ _)> ペコリン

のうがき☆ですっ☆

ゴールデン・バージニア:Imperial Tobacco LTD. Made in the EU

まずは、お値段50g、1,230円(123円/5g)

1000円オーバーと手巻きタバコとしてはややお高い印象もありますが、重さあたりの価格はアンバーリーフ(無印&ブロンド)の25g、610円(122円/5g)と大差はありません。

製造はインペリアル・タバコ・・・・・いや、今はインペリアル・ブランドか。
そして生産国の表記は、またしても「Made in the EU」。

Imperial Brands:インペリアルブランド、トップページ
http://www.imperial-tobacco.com
(←httpsだと繋がらない・・・orz)

製品に関しては下記URL、スペシャリスト・ブランドの項目にブランドデザインの画像があるだけで説明文等は全く無し。

Brand portfolio – Imperial Brands:ブランドポートフォリオ – インペリアルブランド
http://www.imperialbrandsplc.com/About-us/Brand-portfolio.html

さらに見ていくと社歴の解説ページには・・・・・。

Imperial Tobacco Group PLC was renamed Imperial Brands PLC in February 2016.
The change was made to reflect the breadth of the company’s brands focus across its five distinct entities: Imperial Tobacco, Tabacalera (premium cigars), ITG Brands (tobacco business in the USA),
Fontem Ventures and Logista, a European tobacco and non-tobacco logistics business acquired as part of the 2008 Altadis acquisition.

In the same year, Imperial’s last remaining tobacco factory in the UK – the Horizon factory in Nottingham – was closed, with production transferring to facilities in mainland Europe.

(Google 翻訳)
2016年2月にImperial Tobacco Group PLCがImperial Brands PLCに改名されました。
この変更は、5つの異なる事業体にわたる同社のブランドの幅の広さを反映するために行われました。
ヨーロッパのたばこおよびたばこ以外の物流事業であるFontem Ventures and Logistaは、2008年のAltadis買収の一環として買収しました。

同年、英国で最後に残ったタバコ工場 – ノッティンガムのホライゾン工場 – は閉鎖され、生産はヨーロッパ本土の施設に移管されました。

Our history – Imperial Brands:私たちの歴史 – インペリアルブランド
Company today (2009–present):今日の会社(2009年 – 現在)
http://www.imperialbrandsplc.com/About-us/Our-history.html


・・・・・とあります。

どうやらJTインターナショナル(アンバーリーフ・ブロンド)同様、インペリアル・ブランドの製品もすでにイギリスでは作られていないようです。

いちおう調べてみましたが、結局どの国で作っているのかわからずじまい。
またしてもモヤモヤする私・・・・・。( ̄凸 ̄;)


 

開封☆ですっ☆

ゴールデン・バージニア:シャグの状態

色目は、濃い目のブラウンほぼ一色。
加湿の必要はなさそうですが、ぎちぎちに詰まっていているので巻き巻きする前のほぐしは重要か?

ゴールデン・バージニア:シャグの状態(その2)

シャグの香りは初喫時の記憶どおり、酸っぱい香り・・・と、何だろう?ちょっと苦っぽい感じの匂いが混ざってます。

うーむ・・・、他のバージニア系シャグはだいたい紅茶っぽい香りがしていたと思うのですが、そういえばアンバーリーフも酸っぱい系の香りでしたなあ。

イギリス発祥の手巻きタバコの香りはみんな酸っぱい系なんだろうか?

ゴールデン・バージニア:付属ペーパー(リズラ・グリーン)

付属ペーパーはリズラ・グリーン。

カットあり、ミディアム・シンの60枚入りで、パウチ接着は無しです。

リズラ・グリーン

おっと、もうひとつ。
パウチは全プラ素材に直接印刷、口はジップロック付きでキッチリ閉じれば中身のシャグを乾燥から守ってくれます。

ゴールデン・バージニア:ジップロック式のパウチ

さて、ひととおりの説明は終わったので今回はゆるぅりと巻き巻きしていきましょうかね。

巻き巻き~♪

巻き巻き~♪♪

巻~き巻き~♪♪♪

完成!

ゴールデン・バージニア:巻き上がり!

ではでは・・・・・。

(* ̄凸 ̄)y=~~~~~~~ スパァ…


 

ゴールデン・バージニア☆は・・・

うーん・・・・・なんだろう、全体的にタバコ感も甘味も酸味もアンバーリーフ・ブロンドより感じない。

各フィルターでの感想は以下のとおり。

  • レギュラーロング:
     柑橘系っぽい甘さが本当にうっすらと感じられる程度。
     肺喫煙も楽々できる軽さにちょっと拍子抜け。

  • レギュラー:
     喫味、タバコ感は若干強まるが、基本的にロングとあまり変わらない印象。
     紅茶っぽい旨味みたいなものがじんわりくるので、これがちょっといい感じ。
     このあたりでもOKな人はOKなんだろうけど・・・自分にはまだ軽い。

  • フィルターチップ:
     喫い応えという点で、自分にとってはこれでようやく普通(?)な感じ。
     「うっすら」「じんわり」だった喫味も少しはっきりわかるようになります。
     しかし、なんだか甘い感じのときもあればそうでない時もあるような・・・。

初喫の印象がほとんど残っていないのは、味とか何とか全く意識せずに喫っていたからだと思ってましたが、どうもそうでは無かったようで・・・。

今回じっくり喫ってみてわかったのは、自分にとっては軽いということくらい。
喫味に関しては1本喫ってる間に柑橘系の味がしたり バージニア系の甘味を感じたり、時々ナッツ系のような印象だったりとコロコロ変わることがあり正直どう評していいのかよくわからなかったです。

もちろんしっかり解してから巻いている・・・つもりでどこか偏りがあるのかもしれませんし、自分の喫煙技術の問題なのかもしれませんが・・・・・。

もしかすると喫味の印象が変わるのもこのシャグの魅力のひとつなのだろうか?
いずれにしろ、人を選ぶようなヘンな癖も無く喫いやすいタバコであるのは間違いないと思います。

では、また。


 

おまけ:ちぃたん☆について・・・

ご存知の方はすでにご存知、「おおむね成功です☆」が口癖の秋葉原出身(←何故?と思ったら「秋葉原観光推進協会の公認キャラクター」だった)カワウソの妖精「ちぃたん☆」(永遠の0歳)。

勝手ながら今回のタイトルはこの口癖をもじらせていただきました。<(_ _ )>

このちぃたん☆、カワウソをモチーフとしたカワイイ系のデザインと、その外見からは想像できない体を張ったチャレンジ動画とのギャップで話題になり、特に「倒れない棒と遊ぶちぃたん☆」(※2)は昨年 twitter 上で最もリツイートされた動画として個人部門の「Most Retweeted Tweet」に選ばれたそうです。

※2:↓たぶんコレ

見かけた当初は「何じゃコレ?」と思っていた自分も、目にする機会が増えるにつれ「見てる人を楽しませたい」という気概のようなものを感じ入るようになり、「何じゃコレ?」はいつしか「いいね」になり、フォローをするようになっておりました。

そんなこんなで、YouTube、Popteen専属モデル、フジテレビ放送中スポーツニュース『S-PARK』内で担当コーナーを持つなど活躍の場を広げていた「ちぃたん☆」ですが、今月初旬「著作権侵害および不正競争防止法違反を根拠に、ちぃたん☆の運営元であるクリーブラッツに活動停止の申し入れを行っている」と高知県須崎市の発表が・・・・・。

その主な理由として「市の公式ゆるキャラ『しんじょう君』と酷似(デザインは同じ作者によるもの)、ちぃたん☆としんじょう君を誤認するケースが増えている事(「危ない」などのクレームが須崎市に寄せられ、職員はその対応を余儀なくされているとかいないとか)」があげられています。

今回の騒動、事の仔細をよく知らぬ身で軽々に何がどうとは言えませんが、いつの日か関係者一同「おおむね成功ですっ☆」と笑って会見できる日が来ることを願っておりまする。<(_ _ )>

※なお混同されやすいですが、須崎市の観光大使を任命&解任されたのは「コツメカワウソ(下記「動物のちぃたん」)」のちぃたんであり、「ゆるキャラ」のちぃたん☆ではありません。(ちぃたん☆は観光大使を「自称」していただけというのが須崎市の公式見解)

 


ブログランキング参加中! 日本ニ入ッテクル手巻キタバコッテ、オオムネEU製デスヤンネ?…。 ( ̄凸 ̄)