★掲載記事中のタバコの価格について
2018/10/01 以前に購入したものについては、改定前の価格に取り消し線を入れ、改定後の価格を太字にて併記しています。


ゴールデンバージニアではありません! ~ ゴールデンブレンド・バージニアグリーン ~

2019-01-22 18:29手巻きタバコ

ゴールデンブレンド・バージニアグリーン(GOLDENBLEND'S VIRGINIA GREEN)
ゴールデンブレンド・バージニアグリーン(GOLDENBLEND’S VIRGINIA GREEN)

さてさて、新年一発目の手巻きタバコは、新年っぽい鮮やかな緑のこちら「ゴールデンブレンド・バージニアグリーン」です。

まあ、実際には去年から書き始めていてようやくまとめ終わった・・・というのが実情なんでけどね・・・。

能書き

ゴールデンブレンド・バージニアグリーン:正面ロゴ

ゴールデンブレンドは初めて聞く銘柄だったのでちょっと調べてみたら、柘製作所取り扱いのパイプタバコにありました。

ゴールデンブレンド – | 柘製作所
https://www.tsugepipe.co.jp/ec/products/list/942

手巻き用のラインナップは着香系の「アロマティック」と無着香の「バージニア」、「バージニアグリーン」。
一方のパイプ用は着香系の「バニラ」、「ブラックチェリー」、「アマレット(お酒)」とかぶりは無いので、同じブレンドを手巻き用とパイプ用で喫い比べ・・・とはいかないようです。

ゴールデンブレンド・バージニアグリーン:ポッシェル・タバコ社(PÖSCHL TABAK)Made in Germany

製造はドイツのポッシェル・タバコ社(PÖSCHL TABAK)。

Products – Poeschl Tabak
https://www.poeschl-tobacco.com/en/products/

レッドブル、プエブロもここの製品ですね。

ちなみにこの会社、嗅ぎタバコ(スナッフ)の世界ではでかなり有名なようです。

写真ではちょっとわかりづらいですが、その下には・・・・・・・。

under licence from Golden Blend Tobacco Company Inc.

・・・・・・・と記載があるので、銘柄自体はアメリカにある同名タバコ会社のライセンス生産品のようです。

このライセンス元のゴールデンブレンド・タバコ社、検索にはいろいろと引っかかるのですがウェブで情報発信している様子が無く詳細は不明です。

開封

ゴールデンブレンド・バージニアグリーン:シャグの状態

シャグは加湿済みでそのまま巻いても問題なさそうです。

色は明るめのブラウンほぼ単色。

香りはおとなしめながら、バージニアの紅茶っぽいスッキリ系・・・ですが、ちょっと酸っぱい系の香りが強い?

あとこのシャグ、ギューッと詰まって固まったような感じでパウチに納まっているので、よくほぐしてから巻かないと吸い込み(ドロー?)が悪くなりそうです。

ゴールデンブレンド・バージニアグリーン:付属ペーパー(プエブロ・ヘンプ)

付属ペーパーはプエブロのヘンプ(麻)、カット無しの50枚入り。

燃性に関しては漂白&バージ仕上げと一見フリーバーニング。
・・・ですが、先のスモーキング・グリーンの事例もあるので念のため試してみました。

結果、勝手に燃え進む様子も無く放置後約4分で完全に火が消えたので、少なくともフリーバーニングでは無いだろうと思われます。

それでは巻き巻き行ってみましょうか。

余談ながらこのシャグ、1本1本が本当に細くてやわらかいので、ほぐした状態では「ちょっと湿った毛玉」みたいな触感があります。
巻くときにあまりギュウギュウに押し込むと本当に吸い込みが悪くなりそうなので・・・・・。

ゴールデンブレンド・バージニアグリーン:巻き上がり

いつもより若干ふんわりめになるように巻きました!
では早速・・・・・。

(* ̄凸 ̄)y=~~~~~~~ スパァ…

ゴールデンブレンド・バージニアグリーンは・・・

うむむむむー。

何だろう、ふんわりめに巻いたのは失敗か?。どれで吸ってもいまいちバージニアの味がわかりづらいような・・・。

いろいろ試して結局、吸い込みの事を考えずいつもより気持ち多めのシャグで若干強めにグリグリしたレギュラーフィルターのやつが一番良かったです。

きつめになった吸い込みに合わせて、いつもよりゆっくりふかすとちょっと酸味のある甘さが出せました。
・・・が、それでも直近のキャプテンブラックの印象が強くて、いまいち満足できなかったですね。

これはちょっと好みから外れるかなー。
これは単体で喫うより、次回予定ののアークロイヤルとブレンドした方がよさそうです。

最後に、ゴールデンブレンドには黄色いパウチの「バージニア」もありますが、今回の「バージニアグリーン」がぺぺの「イージーグリーン」に相当するなら、おそらくそちらが「リッチグリーン」あたるのでしょう。

強めで濃い目が好みの自分としてはそちらの方も試してみたいですね。

では、また。


ブログランキング参加中! ゴールデンバージニアト名前ガ似テテ、チョット紛ラワシイヨネ…。 ( ̄凸 ̄)